〒780-0870 高知市本町2丁目1-15 安藤ビル3F
TEL:088-875-7109 FAX:088-824-0648

土佐百花繚乱委員会

主な活動内容
  • ◇京都会議へのメンバー参加促進・支援
  • ◇第四回土佐風土祭り
  • ◇家族会
理事委員長
土佐百花繚乱委員会理事委員長
泉 卓文
副委員長
土佐百花繚乱委員会副委員長
小原 一将
副委員長
土佐百花繚乱委員会副委員長
黒瀬 裕之
委員
・山波 嘉律雄 ・弘田 超
・泉 創太 ・藤田 健治
・上田好之輔 ・藤本幸太郎
・尾﨑 鈴 ・前田 強
・大久保 英 ・水谷 太一
・北岡 幹大 ・山下 大介
・髙濱 達也 ・山中 悠
・近森 竜  

土佐百花繚乱委員会

委員長所信
理事委員長
泉 卓文
 初めに、青年会議所運動の本質は「地域を良くする事」だと私は思います。 昨年、第三回土佐風土祭り実行委員長として人口減少・少子高齢化の問題を少しでも解決できるようにと掲げました。そして、地域の民間企業・青年団体・各大学に参加していただき実行委員会を立上げ、公益社団法人高知青年会議所が主管と言う立場で祭りを開催させていただきました。実行委員会を繰り返していく中で各民間企業の独自な発想、他の青年団体との交流、各大学の若者の考え方を感じる事が出来、今までの青年会議所に無い観点で構築・開催が出来たと確信しております。そして、「高知をひとつに」と言うコンセプトを掲げ、各企業様から数多くのご支援やご協力を頂き、設営・演出・広報と構築しました。しかしながら「本当に少しでも人口減少に歯止めをかけ、若者の県外流失防止、移住を促進できたのか。高知全体の活力を上げる事が少しでも多くの来場者様に感じて頂けたのか」と、自問自答している日々は続いております。又、この祭りを高知に根付く祭りとして継続・継承を掲げてきました。青年会議所は単年度制であり、その中でどう祭りに携わって行けるのかが肝心であります。昨年実行委員長として継続と継承をどのように行うのかが、大きな問題点の一つでした。だからこそ、本年度、二度目の委員長を務めさせていただくにあたって、昨年以上に良い祭り、誰もが携わっていけるような祭りを構築しなくてはなりません。そのためには、昨年の土佐風土祭りの経験を本年度の委員会メンバーに余すことなく伝えた上で、さらなる青年会議所活動を構築し「明るい豊かな社会の実現」を体現出来るメンバーへと導きます。さらには、そのメンバーの力が無限に発揮された暁には、当会議所メンバー全員が祭りはもとより地域に貢献出来ると自分は確信しています。
「第四回土佐風土祭り開催及び事業継承」
 まだまだ、この高知には他県と比べても見劣りしない素晴らしい歴史・文化・伝統・芸術・食・自然等が多くある事を県民市民はまだ認識していなのが現状です。この祭りを開催するにあたり、人口減少・少子高齢化の問題を少しでも解決出来る様な設営・演出・広報をして行き、それを来場者に見て、聞いて、体験し、味わい、知っていただく事で高知をもっと愛し、誇りを持って住み続けていただきたいと思っています。それにより、高知の魅力の受信者から発信者へと変わる事によって地域が活性化し、そこで暮らす人々が笑顔になり、その笑顔が新たに人を呼び移住促進に繋げることで、高知の持っている問題に少しでも歯止めをかける祭りを開催いたします。この祭りが3年・5年・10年・20年・未来永劫と続くように、地域の民間企業を数多く巻込み、他の青年団体と交流し、行政や教育機関とも意見を交わし、実行委員会を繰り返していき参加されている方に思いを伝える事が祭りの継承だと思っています。その中で当会議所メンバーの人知を開発し、事業を成就させ、世の中を良き方向へ導く人材を育てる事が、今回委員長としての使命だと確信しております。
「京都会議へのメンバー参加促進」
 毎年1月に開催される京都会議で、数多くのメンバーの参加を促進する事で、公益社団法人日本青年会議所の基本理念や運動方針の共有を図ります。又、会頭所信を自ら聞くことで文面では伝わらない思いを直接感じてもらいメンバーそれぞれの青年会議所における活動指針につなげてもらいます。その為には情報提供や告知を数多く行い、メンバーに行って楽しいと思って頂ける設えに努めて行きます。
「土佐百花繚乱」
 「百花」は種々の多くの花、いろいろな花の意。「繚乱」は花などがたくさん咲き乱れている様子。いろいろな花がはなやかに美しく咲き乱れるという意味があります。この高知の色々な素晴らしい物を花にたとえ、祭りを色々な花で彩り、多くの方々がこの高知の為に咲き乱れる祭りが高知に根付くようにと願い、委員会メンバーが培った経験を活用し、委員会メンバー全員で新たな花を地域に咲かせたいと思っております。一年間精一杯、邁進して行きますので、ご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。

土佐百花繚乱委員会 活動スケジュール

京都会議へのメンバー参加促進・支援

意義・目的
公益社団法人日本青年会議所が掲げる基本理念や運動方針の共有を図るとともに、 会頭所信に込められた思いを理解する為に、メンバーの参加を促す
方法・手段
開催の告知、情報提供、宿泊の手配など参加支援及び推進
期待される効果
参加したメンバーが、自らのJC活動の指針となる
実施予定日
1月

第四回 土佐風土祭り

意義・目的
地域が活性化し、そこに暮らす人々が笑顔になり人を呼び、 移住促進につながる事で、人口減少・少子高齢化に少しでも歯止めをかける
方法・手段
第四回土佐風土祭りの開催(歴史・文化・伝統・芸術・食・自然を県民・市民に感じてもらい、祭りの継続・継承を行う)
期待される効果
高知の良さを伝達する事で、高知県の問題を県民一丸となって改善する事に繋がると共に、 継続していく事で明るい社会の実現に繋げる
実施予定日
7月〜9月

家族会

意義・目的
メンバーと家族の交流を深めつつ、JC活動への理解を得る一助とする
方法・手段
家族会の実施
期待される効果
メンバー及び家族同士の親睦が深まる
実施予定日
9月〜11月