ページの先頭へ

公益社団法人 高知青年会議所
ホームリンクサイトマップお問い合わせ
〒780-0870 高知市本町2丁目1-15 安藤ビル3F 電話番号:088-875-7109 | ファックス番号: 088-824-0648
ホーム > 活動体制 > 会員拡大つなぐ委員会

会員拡大つなぐ委員会

会員拡大つなぐ委員会 委員長所信

高知は、豊かな自然に温暖な気候、美味しい食にお酒、おもてなしの心をもつ人々など沢山の魅力に溢れています。しかし長引く景気低迷により全国に先駆けて進む少子高齢化、人口減少など沢山の課題も抱えています。少子高齢化、人口減少の意味するもの、それは地域に関わり、まちづくり活動を担う青年が減るということです。

高知青年会議所もその流れを受け近年会員数が100人を切りました。その地域を良くしようと活動する青年が多くなれば地域は明るく豊かになり、少なければ衰退していきます。だからこそ会員数を増やさなければいけないのです。そうすれば影響力ある事業を数多く行うことができ沢山の人々を巻き込んでいく力が生まれるのです。

私たち会員拡大つなぐ委員会は、今年度から「増やす会員拡大」ではなく「増える会員拡大」を目指します。昨年まで会議体で取り組んできた会員拡大に委員会として取り組みます。主体的で計画的かつ実行力のある会員拡大を高知青年会議所メンバー全員を巻き込んで行い50名以上の入会目標を達成します。そのためにまず全国で成功を納めた各地青年会議所の実績や知見も参考にし、半期ごとの行動計画を立てます。青年会議所の活動内容や素晴らしさを伝えるために少人数の拡大候補者との交流会と年3回の大交流会を実施します。大交流会には青年会議所活動を活かして現在社会でご活躍の青年会議所OBの方々をお呼びします。

次に、会員拡大のためには高知青年会議所の対外事業は最も重要な入会候補者との接点となります。メンバーと一緒に活動していただくことで意義を共有する事ができ入会動機に繋がります。その為に委員長同士のコミュニケーションを今まで以上に増やして、他委員会にも積極的に参加し、会員拡大との連携を検討するとともに事業の集客にも尽力します。さらに各事業では、一般の方から見られている事を意識し、好印象を与えられる高知青年会議所になる必要があります。全ての事業が会員拡大に繋がるという意識を持ってもらうようにメンバーへの対内広報を行います。

もう一つ大切な取り組みがあります。会員拡大を全力でやったとしても、果たして今の高知青年会議所は入りたい団体でしょうか。義務感や責任感から活動したり、入会してもほとんど出席しないメンバーがいたり、在籍年数の長いメンバーが多く卒業されたことにより、新入会員や歴の浅いメンバーに活動の意義が伝わりにくく、事業を行う事のみに追われているように感じます。実は私もそのような気持ちでしたが、理事になって初めて参加したサマーコンファレンスと全国大会で、日本青年会議所が展開している様々な運動や活動、同志たちの熱に接することができ、青年会議所の魅力に気付き引き込まれていきました。そしてこれからはもっと主体的に活動したいと強く感じたのです。当委員会ではこの2つのファンクションへの参加支援及び現地でのガイドやおもてなしを担当し、これまでにない規模のメンバーの登録、参加を目指します。また、この2つのファンクション以外にも「参加して感じれば変わる」ということの大切さは1年を通してメンバーに伝えていきたいと思います。なぜならその時以来、気持ちが切り替わり積極的に活動するようになった私を見ていた拡大候補者の方が3年も続けて自ら入会を希望してくれたからです。彼らによれば、私から入会をお願いされた記憶はないと言います。やはりメンバー自身が主体的に活動していることが入会したくなる団体への第一歩であり、会員拡大成功のために欠かせない一歩です。

雄飛のごとく、志を立てた者だけに成し遂げられるものがあります。このように、計画的で確実な会員拡大戦略を立て、活動を積極的に発信し、メンバー各自が主体的に活動し成長し魅力を表現できる高知青年会議所が達成されれば「増やす会員拡大」が「増える会員拡大」へと磨き上げられ、明るい高知の未来、明るい高知青年会議所の未来へと繋がります。やりがいあるこの目標に向かって委員会一丸となって邁進します。一年間どうぞ宜しくお願いします。

会員拡大つなぐ委員会委員長 田井 祐如

会員拡大つなぐ委員会

会員拡大つなぐ委員会 活動スケジュール

1.会員拡大活動

意義・目的
JC活動に関わる青年を増やし、高知青年会議所の運動の拡大を図る
方法・手段
通年の拡大活動、年3回の拡大交流会の開催、少人数懇親会や講師例会の開催、各委員会事業との連携、会員拡大ツールの制作
期待される効果
高知青年会議所会員が増え、高知が明るい豊かなまちになる
実施予定日
通年

2.総会の設営・運営

意義・目的
総会の円滑で正確な設営
方法・手段
会場設営、資料の作成と配布、出席者の把握と司会
期待される効果
総会が円滑に運営・進行される
実施予定日
1月・7月・12月

3.呉・高知合同例会

意義・目的
兄弟JCである呉青年会議所との絆をより深いものとし、呉と高知が互いに親睦を深める
方法・手段
呉青年会議所メンバーに喜んでもらえる特別感のあるおもてなしで迎える
期待される効果
兄弟JCとしての絆をさらに深め、メンバー同士がより活発に交流する契機となる
実施予定日
5月

4.サマーコンファレンス参加推進・支援

意義・目的
2017年度JC運動最大の発信の場に参加し様々なジャンルのファンクションを体験することでメンバーの意識向上を目的とする
方法・手段
円滑な参加手配、内容のガイド作成、現地でのおもてなし
期待される効果
様々なJC運動の発信を見て体感することで、新たな発想や視座の獲得へと繋げる
実施予定日
7月22日〜23日

5.全国大会埼玉中央大会参加推進・支援

意義・目的
日本青年会議所の一年間の運動の総括の場および全国の卒業生を送る場へ参加することによりメンバーの意識向上及び卒業生への感謝とお見送り
方法・手段
円滑な参加手配、内容のガイド作成、現地でのおもてなし
期待される効果
LOMメンバー各自の、JC運動への理解と主体的な活動に繋げる
実施予定日
9月28日〜10月1日

6.100%レビュー定例会の設営・運営

意義・目的
全員参加で、1年間の活動を振り返り、メンバー同士の絆をさらに深め、出席することの意義目的を学ぶ
方法・手段
メンバーが必ず感動できる会場、演出、を設える
期待される効果
高知青年会議所メンバー全員の気持ちが一致団結し、来年からの主体的な活動に繋がる
実施予定日
11月