ページの先頭へ

公益社団法人 高知青年会議所
ホームリンクサイトマップお問い合わせ
〒780-0870 高知市本町2丁目1-15 安藤ビル3F 電話番号:088-875-7109 | ファックス番号: 088-824-0648
ホーム > 活動体制 > 土佐温故知新委員会

土佐温故知新委員会

土佐温故知新委員会 委員長所信

初めに、青年会議所運動の本質は、「地域を良くする事」だと、私は思います。
昨年、日本青年会議所に出向させていただき、命をかけて熱く青年会議所活動をしている同志達の背中から、多くの事を勉強し吸収してきました。自分の地域を本気で愛し、何事にも妥協せず、行政等に本気で何回も話し合いをする姿勢を目の当たりしてきて、私も心熱くなりました。この貴重な経験を本年度委員会メンバーに落とし込み、更なる青年会議所活動を構築し、「明るい豊かな社会の実現」に貢献が出来るメンバーへと導くことが私の責務と自負しております。「地域を変える」というテーマの実行は簡単な事ではありません。しかしながら、青年の力は無限の力を秘めています。この無限の力を発揮することで、青年会議所メンバー全員で地域に貢献出来ると、自分は確信しています。

「土佐風土祭り開催及び事業継承」
近年、「地方創生」と言う言葉をよく耳にします。東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げる事を目的とした一連の政策であります。この高知も、人口減少・少子高齢化が進行しており、若者の県外への流出防止、移住促進、子育て支援、高齢者の住みやすい街作りといった、多様な分野にわたる取り組みが求められています。
この高知には全国に誇れる土佐特有の風土がありますが、県内各地域の良さが個々にある事を多くの県民市民が知らないのが現状です。土佐風土祭りを開催するにあたり、全国に誇れる土佐特有の風土を余す事無く、来場者に見て、聞いて、体験し、味わい、知っていただく事で高知をもっと愛し、誇りを持って住み続けていただきたいと思っています。それにより、高知の魅力の発信者となる事で、地域が活性化し、そこで暮らす人々が笑顔になり、その笑顔が人を呼ぶ事で移住促進に繋げて行き、高知の持っている問題に少しでも歯止めをかける祭りを推進いたします。
この祭りは、若者に故郷へ帰って来てもらいたい、高知の街に活気を取り戻したい、そんな思いを胸に先輩方が構築しました。その先輩方の思いを引き継ぎ、三回目となる二年越しの祭りを復活いたします。
今まで二回開催させていただきましたが、事業継承が出来ていない為、地方創生等の問題解決の糸口となっているとは思っていません。ですが、できない理由を探しても何も始まりません。私達は雄大な目標を立て、高知全てを巻き込み、どんなに高い壁が立ちはだかろうと、皆の力を一つにして、飛び越えていく思いであります。この高知には少しでも地域を良くする為に活動している団体が複数存在します。高知青年会議所単体で実施運営する風土祭りではなく、この祭りが今後継承される事を見据え、他団体や地域の事を本気で考えるという同じ志を持つ者たちの共催を募り、実施運営できる組織体「風土祭り実行委員会(仮名)」を立ち上げます。これにより、現実的に毎年開催していく事が出来、「明るい豊かな社会の実現」に近づけていきます。

「日本一の大おきゃくへの参画」
高知青年会議所では、例年ブース出店をさせていただいておりますが、今年も子供達が自分達と共に夢を抱けるような設えにしていきます。このおきゃくという文化を通じ、子供達が大人と触れ合い会話する事により、利他の精神が育まれ、なにより子供達の心に郷土愛を強く根付かせます。そうして育んだおきゃく文化という心を、途切れる事無く次世代に繋げていってもらいたい、また繋げて行きたいと思わせるような事業構築をしていきます。

土佐温故知新委員会の中にもあります「温故知新」、つまり、古き経験を十分に勉強し、新しい風を吹かせるという意味合いの通り、培った経験を活用し委員会メンバー全員で新たな風を地域に吹かせたいと思っております。一年間精一杯、邁進して行きますので、ご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。

土佐温故知新委員会委員長 泉 卓文

土佐温故知新委員会

土佐温故知新委員会 活動スケジュール

1.日本一の大おきゃくへの参画

意義・目的
大おきゃくへの参画および他団体との交流を通じ、高知市中心街の活性化の一助となる事を目指すとともに、子供達が仕事を通じて人々と交流をする事により、風土愛や仲間意識の向上を目指す
方法・手段
子供達とのブース運営
期待される効果
高知市中心街の活性化
子供達の風土愛が深まることで高知の良い所の発信者になる
実施予定日
3月11日〜12日

2.アジア・太平洋地域会議への参加推進と支援

意義・目的
モンゴルの地において個と個の交流、世界と地域の交流を通しての有益な情報交換・文化交流ができる民間外交の最高の機会の提供
方法・手段
内容の周知と参加の手配
期待される効果
JC活動に対する意識の向上
実施予定日
6月8日〜11日

3.土佐風土祭り

意義・目的
地域が活性化し、そこで暮らす人々が笑顔になり、その笑顔が人を呼び、移住促進に繋げることで、少子高齢化・人口減少に少しでも歯止めをかける
方法・手段
全国に誇れる土佐特有の風土を県民・市民に感じてもらう
他団体への事業継承を行う
期待される効果
高知の良さを伝達する事で、高知県の問題を県民一丸となって改善することに繋げると共に、継続していく事で明るい社会の実現に繋げる
実施予定日
8月26日〜27日

4.世界会議への参加推進と支援

意義・目的
オランダの地において総会やエクスカーション、ジャパンナイトに参加することで、当年度の活動方法及び人事決定等学び、青年会議所のルーツを肌で体験してもらう
方法・手段
内容の周知と参加を促す手配
期待される効果
世界の青年会議所を今まで以上に知って頂き青年会議所に対する意識の向上に繋がる
実施予定日
11月6日〜10日