〒780-0870 高知市本町2丁目1-15 安藤ビル3F
TEL:088-875-7109 FAX:088-824-0648

高知をひとつに!委員会

主な活動内容
  • ◇日本一の大おきゃくへの参画
  • ◇第五回土佐風土祭り
理事委員長
高知をひとつに!委員会理事委員長
黒瀬 裕之
副委員長
高知をひとつに!委員会副委員長
島崎 栄貴
副委員長
高知をひとつに!委員会副委員長
山波 嘉律雄
委員
・荒木 康博 ・西村 ゆうこ
・泉 創太 ・藤本 幸太郎
・大石 崇之 ・松岡 憲史
・掛橋 勇人 ・真鍋 雄規
・川渕 大亮 ・光富 千尋
・公文 健太  

高知をひとつに!委員会

委員長所信
理事委員長
黒瀬 裕之
 公益社団法人高知青年会議所は「明るい豊かな社会」を作っていく団体です。我々はその実現のために、様々な角度から地域を良くするための「事業」を行います。数ある手法の中でも、祭りは人口減少や少子高齢化といった地域の問題を解決するために必要だと私は考えます。
 私は昨年、第四回土佐風土祭りを担当する委員会の副委員長として活動して参りました。第四回土佐風土祭りの来場者数は荒天の影響が大きく、第三回より少なくはありましたが、当会議所の運動を一度に何万人という人々にアプローチできる手法は祭りが非常に適していると思いました。荒天対策をはじめブース出店者や来場者のみなさまに祭りに来てもらいやすい環境作りなどの課題に取り組み、より地域に根ざす祭りを目指します。

 過去には土佐風土祭りは 2 年間の休止期間がありました。青年会議所は単年度制の組織であるため、組織の方針は毎年変わりますが、一度休止期間を経てから祭りを再び立ち上げることは非常に困難です。一企業・団体だけでの開催ではその問題が常に立ちはだかりますが、第三回より多くの企業・団体に参加して頂いて実行委員会が立ちあがりました。現在は当会議所が主管を担っていますが、すぐに主管を移すことは難しいと思います。しかし、近い将来には実行委員会の中から主管に手を挙げてもらえるような体制づくりを構築していくことで、継続・継承に繋げていきます。

 継続開催は非常に重要になります。高知が誇るよさこい祭りも、最初から全国の人々に知られた祭りだったわけではなく、毎年祭りに携わる方々の努力があって全国に名前を轟かす祭りになったと思います。当会議所が主体となって制定された高知市民憲章のまちづくり運動が脈々と受け継がれ、今もなお高知市民憲章推進協議会が継続している事業となっています。我々の身近に感じられる祭りや事業も、地域の人々に認められたからこそ今があると思います。諸先輩方からバトンを受けた委員長として、土佐風土祭りもずっと継続される祭りにしていきます。そうして祭りを開催し続けることで、来場する県民には郷土の誇りを、県外の方には高知のすばらしさを知って頂きます。また、祭りの催しなどを通じて地域活性化、経済波及効果の一助となることを目指し、高知に暮らす人々を笑顔にしていきます。
 地域に根差す事業を生み出すのは非常に困難な道であり、何年後に可能なのかやってみないことには誰にもわからないことです。「0」から「1」を生み出すことが青年会議所の使命のひとつですが、継続事業は青年会議所の手から離れる環境となって初めて「1」になると私は考えます。

 そして当委員会では「日本一の大おきゃく」へ参画致します。すでに高知の一大イベントとして定着しているこの祭りに参画することにより、他団体との交流を通じ、高知市中心街の活性化の一助となる事を目指します。地域活性化についてまた違った視点から見ることができる貴重な機会となります。

 結びに、当委員会では 1 年後に最高の仲間たちだったとみんなで言えるような委員会づくりをします。とことん祭り事業に向き合い、メンバー全員が 5 年後・10 年後には自分たちがこの祭りに関わったんだと誇れるような、地域に愛される事業ができるよう堅忍不抜の精神を持って取り組みます。委員長を務めるにあたり、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

高知をひとつに!委員会 活動スケジュール

日本一の大おきゃくへの参画

意義・目的
大おきゃくへの参画および他団体との交流を通じ、高知市中心街の活性化の一助となる事を目指す
方法・手段
大橋通り商店街でのブース出店
期待される効果
高知市中心街、特に大橋通り商店街活性化の一助となる
実施予定日
3月9日~10日

第五回土佐風土祭り

意義・目的
地域が活性化し、そこに暮らす人々が笑顔になり人を呼び、移住促進につながる事で、人口減少・少子高齢化に少しでも歯止めをかける
方法・手段
歴史・文化・伝統・芸術・食・自然を県民・市民に感じてもらう。祭りの継続・継承を行う
期待される効果
高知の良さを伝達する事で、高知県の問題を県民一丸となって改善する事に繋がると共に、継続していく事で明るい社会の実現に繋げる
実施予定日
7月〜10月