〒780-0870 高知市本町2丁目1-15 安藤ビル3F
TEL:088-875-7109 FAX:088-824-0648

超えろ!委員会

主な活動内容
  • ◇青少年事業
  • ◇わんぱく相撲
理事委員長
超えろ!委員会理事委員長
弘田 超
副委員長
超えろ!委員会副委員長
林 太紀
副委員長
超えろ!委員会副委員長
横山 光伸
委員
・石川 啓考 ・増田 翔太
・久保 優子 ・松浦 佳貴
・澤田 大志 ・松本 友哉
・高橋 卓也 ・山中 悠
・竹内 慈永 ・渡辺 麻衣
・藤澤 大輔  

超えろ!委員会

委員長所信
理事委員長
弘田 超
 自分の人生を振り返った時、この出来事で人生が変わったと思う瞬間が皆さまの中にもあるでしょうか。私は地元土佐清水市のお祭り「あしずりまつり」に参加したことがその瞬間の一つです。当時高校生だった私はゴミ拾いや、ポスターの掲示、看板を立てるなどのボランティア活動をはじめ、高校生で踊りのチームを結成し参加をしました。そして、それが青年会議所という団体とはじめてふれあう機会でもありました。JCという言葉すら知らなかった当時の私が、JCの皆さんと共に活動し、背中を見ていく中で、自分も大人になったら地域のリーダーとして地元に恩返しができる人間になりたいと強く思った事を今でも覚えています。この参加をきっかけに「清水は何もない場所、楽しくない場所」そういう考えから「自分達がまちを変える事ができる」という自信と感覚を味わわせていただいたことが、自分の価値観そして人生を大きく変えた出来事であると今でも確信しています。あしずりまつりがあったことで、高校生が堂々と地元を「好き」と言える環境が自然と生まれていき、また自分たちの世代が新しいことにチャレンジする勇気と行動力を身につけさせていただいたと感じています。

 それから十数年の月日が流れ、私は今、公益社団法人高知青年会議所に所属しています。今度は自分が地域のために、そして未来を担う青少年のために、地域のリーダーとしてまちを変えていく。そんな使命を感じています。私が十数年前に感じた情熱そのものが、物質に満たされる豊かさではない「豊かな心」とするならば、それを現代の青少年に伝えていく役割を全うできるチャンスをいただいたと信じ、全力で取り組む所存であります。
 物質的に豊かになった今だからこそ相手を思いやり、青少年が夢を持ち地域を好きになり、そして自分自身も好きになる。そんな事業を実施致します。事業実施後には、参加者全員が自分の新しい可能性を見つけ未来に希望を持ち、日常の小さなきっかけにも幸せを感じ、それが家族や周りの人にも伝播していく事業を構築していきます。また、豊かな心をもった青少年が10年後、20年後に地域で活躍するビジョンを描き、取り組んで参ります。

 そして当委員会は、第2回わんぱく相撲高知場所を開催致します。わんぱく相撲とは小学生対象の相撲大会として最大規模の大会であり、昨年、当会議所においてはじめて高知場所を実施致しました。東京・両国国技館で行われた全国大会では団体戦において初出場、初優勝という輝かしい成績をおさめました。相撲を通じて礼儀礼節を学ぶとともに、勝敗へのこだわりだけではなく相手を思いやる気持ちや、物事に真剣に取り組み挑戦していく大切さを学べる機会にしたいと思います。前年の意思と感動を受け継ぎ、大会を支えてくれる関係者の皆さまへの感謝と、わんぱく相撲の長い歴史への敬意を持ち、小学生力士達の大きな目標となる大会になるよう尽力致します。

 最後に、「青年会議所運動の礎とは会員そのものである」という言葉のとおり、委員会メンバー個々の力を最大限発揮できるよう適切なリーダーシップを執り、また当会議所の仲間として誰一人も不快な思いをせず、一方的な押しつけではなく自由で活発な活動ができる環境づくりを行って参ります。一年の締め括りには委員会メンバー全員に豊かな心がさらに根付くような委員会運営を目指します。何卒ご指導ご鞭撻、そしてご協力のほどよろしくお願い致します。

超えろ!委員会 活動スケジュール

青少年事業

意義・目的
青少年が豊かな心を育み、チャレンジする機会を創出し、新たな自分の可能性を見つけ、高知そして日本の未来を担う人材となるための一助とする
方法・手段
青少年が情熱を傾ける事業の開催
期待される効果
・他者への共感や心の成長 ・次代のリーダー育成につながる
実施予定日
6月~9月

わんぱく相撲

意義・目的
・相撲という日本の伝統スポーツ・文化に触れ、礼儀礼節や思いやりの心を学び、子供たちの心身を育む ・子供たちの姿を見守る大人たちも礼儀礼節の大切さを再認識する機会とする ・青年会議所全国統一の事業に参画することにより、当会議所メンバーの意識向上を図る
方法・手段
わんぱく相撲高知場所の開催と全国大会への引率
期待される効果
・県内小学生の心身の鍛練と健康の増進 ・子供同士、親同士の交流による地域コミュニティの活性化
実施予定日
6月(高知場所) 7月(全国大会)